飯舘の高橋さん、避難先で営農再開 故郷を思い作業に汗

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
飯舘の高橋さん、避難先で営農再開 故郷を思い作業に汗

「福島市で作業を再開し、生き生きと過ごせている」と話す飯舘村の高橋さん

 「生活のため、体のため、何もしないままではいられなかった」。全村避難が続く飯舘村の高橋幸吉さん(59)は昨年4月、福島市土船で花卉(かき)栽培を再開した。「生き生きと過ごすことができている」と晴れやかに語る。

 避難前は花のほか、野菜や繁殖牛に取り組んでいた。避難後は仕事ができない状況が続いていたが、「賠償もいつまで続くか分からない」と営農再開を決意。4棟のハウスでは、妻、2人の息子と共にトルコギキョウとストックを栽培する。暑さへの対応など飯舘とは勝手が違う作業に苦労も多い。土作りだけでも3、4年を見通す。

 「避難が解除されたら村に戻りたい」。自宅は帰還困難区域の長泥地区で、長期避難は免れそうにない。国は帰還する人、帰還しない人それぞれを支援する方針に転換したが、高橋さんたちには、選択をするための環境や条件さえ見えてこない。ただ、農作業で得る喜びは大きい。「何より今はご飯がおいしいんだ」。張りのある生活を取り戻しつつある高橋さんは、「まずはしっかりと生活の基盤をつくりたい」と言い切る。

 ペンション経営・呑田さん「都路、捨てられない」

 4月1日に避難指示が解除される田村市都路地区。避難区域内でペンションを経営する呑田理美子(のみたりみこ)さん(71)は「都路はついのすみか。捨てることはできない」と帰還への思いを語る。

 同地区の避難区域内では昨年8月から宿泊が可能となったが、解除準備に向けた特例のため、ペンションで宿泊するには申請が必要だった。4月1日からは縛りがなくなる。呑田さんは「震災前と同じ営業ができる」と期待を込める。呑田さんは自ら帰還を決めたが、「人それぞれ考えは違う。自分の人生は自分で立て直すしかない」と帰還以外の選択にも理解を示す。ただ、「避難生活を続けるにしても、いずれは決断しなければならない時は来る」と考えている。

 住民意向調査では、帰還を望まない人も少なくない。呑田さんは「震災前と同じ形に戻ることはできない。支え合いを大切に、また違う形のコミュニティーをつくっていきたい」と話す。

 南相馬の解除目標、歓迎と疑問の声が交錯

 南相馬市は帰還困難区域を除く避難区域の解除目標を2016(平成28)年4月と定め、国も正式に認めた。市は昨年11月から市内外で避難住民への説明会を開き「一定の了承を得られた」と判断、早期帰還を望む住民からは「生活再建の見通しがつく」と歓迎の声が上がる。一方で「住環境が整うのか」「時期尚早」と目標の実現に疑問を呈する住民もいる。

 市は国直轄の除染、がれき処理の終了時期にめどが立ったとして目標を決めた。時期を示すことで住民の生活再建に見通しをつけ、国の事業にこれ以上の遅れが出ないよう、主体的な立場を示したい思惑も絡む。ただ、避難を強いられている住民は「あと数年で(避難区域が)生活できる環境になるとは思えない」と本音を漏らす。同市小高区の主婦(59)は「買い物や食事ができる場所がなければ帰っても生活できない」と話し、「まだ判断できない」と嘆く。

 区域内の400超の事業所のうち、7日現在で市に再開を届け出たのは49件。一部小売店が営業しているが、スーパーや飲食店は再開のめどが立っていない。