【県道いわき石川線】 地滑り箇所、復旧も...再び通行止め

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【県道いわき石川線】 地滑り箇所、復旧も...再び通行止め

 2011(平成23)年の余震でいわき市は内陸部で甚大な被害が発生した。浜通りと県中、県南地域をつなぐ県道いわき石川線は、大規模な地滑りのため同市渡辺町の上釜戸地区と同市田人町の才鉢地区で道路が遮断。才鉢地区は余震から約2年後の昨年3月19日、上釜戸地区では同8月28日に復旧工事が完了した。

 しかし、4月3日から降り続いた大雨により道路脇の斜面が崩れ、再び通行止めとなった。これを受けた関係機関との連絡会議では、完全復旧には2年近くかかる見通しが示された。