Q:県外避難者数なぜ増えた A:賃貸住宅人数も調査追加

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

  県が1日に発表した、震災と原発事故で本県から県外に避難した人の数(8月14日現在)が、前の月より約2000人増えたけど、どうして?

  埼玉県が今回の調査から、民間のアパートなど賃貸住宅に避難した人を加えたことが要因。同県は確実に把握できる数として避難所や仮設住宅の避難者数を復興庁に報告していたけど、今回から借り上げ住宅や親類・知人宅への避難者も調査に含めたんだ。

  埼玉県と同じようなケースはほかにもあるの?

  県は、ほかの都道府県でもこのようなケースがあるのか分かっていない。避難している人の報告は「分かる範囲で」と復興庁から通知されているし、避難者を受け入れてもらっている本県としては「より詳細な調査を」と求めにくいのが現状なんだ。