【廃炉】 遠隔操作型ロボットを投入、建屋内の把握に活用

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 廃炉作業が続く東京電力福島第1原発1〜3号機の原子炉建屋内は依然として放射線量が高く、人が立ち入れない厳しい環境だ。東電は建屋内の様子を調べるため、遠隔操作型のさまざまなロボットを投入し、放射線量や現場の状況の把握に活用している。

 廃炉作業最大の課題は、格納容器に溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しだ。分布範囲や状況も把握できず、高い技術が求められる。

 廃炉技術を研究する国際廃炉研究開発機構(IRID)などは1号機の格納容器内部を調査するロボットを開発。将来的には溶けた核燃料の調査への活用も視野に改良を進めている。