地点数20%に減少 空間線量・毎時0.2マイクロシーベルト以上

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県によると、本県の空間放射線量は、第1回調査(2011年4月12~16日)では毎時0.2マイクロシーベルト以上の地点数の割合が80.8%に上ったが、第8回調査(15年5月13日~6月10日)では20.7%まで減少。毎時1.0マイクロシーベルト以上の地点も、第1回調査の22.3%から、第8回調査では1.1%まで減少した。

 また、全測定地点の空間線量率の平均値は、第1回調査は毎時0.67マイクロシーベルトだったが、第8回調査では毎時0.17マイクロシーベルトまで低下した。原発事故前(10年度)の県内の空間線量率(自然放射線)のレベルは、毎時0.02~0.13マイクロシーベルト程度だった。

 「特別地域」7市町村住宅完了

 【国直轄除染】国が直轄で除染を行う除染特別地域11市町村の除染実施状況(1月末現在)によると、住宅除染は7市町村で完了し、残る南相馬、浪江、富岡、双葉4市町の進捗(しんちょく)率は37~87%となっている。

 住宅、農地、森林(生活圏)、道路の各除染について、田村、楢葉、大熊、川内、葛尾の5市町村は全て完了。川俣町は農地の進捗率が99%で、他は全て完了している。南相馬、浪江、富岡、双葉、飯舘の5市町村のうち、富岡は森林、飯舘は住宅の除染がそれぞれ完了。5市町村の他の除染進捗率は19~97%となっている。

 「重点地域」住宅進捗率は81%

 【市町村除染】県がまとめた、市町村が除染を行う汚染状況重点調査地域36市町村の除染の進捗(しんちょく)状況(1月末現在)によると、住宅除染は本年度末までの計画数41万6936戸に対し、除染が完了したか、調査を終了したのは34万925戸で進捗率は81.8%となっている。

 道路除染は、計画数1万2285キロに対して進捗率は57.3%。公共施設などの除染は1万417施設に対し進捗率87.7%。水田や畑地などの農地は3万822ヘクタールに対し進捗率92.3%だった。