アフターDC『魅力満載』 16年4~6月、特別企画数は「55」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鶴ヶ城

 県やJRなどは昨年4~6月、大型観光企画「ふくしまDC」を県内全域で展開、市町村や観光団体などが、地域独自の観光企画やイベントを行い、誘客に取り組んだ。

 さらに県は昨年6月、観光宿泊者を切れ目なく呼び込むため、旅館などの宿泊が最大で半額になる「福が満開、福のしま。」旅行券を販売、インターネットの宿泊予約サイトでは割引クーポンを発行した。旅行券の使用期限は今年2月で終了、その効果の検証が待たれる。

 2014(平成26)年から3年にわたるDCの集大成に位置付けられ、今年4~6月に展開される「アフターDC」について県は、ふくしまDCと同等の事業規模で準備を進めている。特別企画数は前年のふくしまDCの36より19多い55企画に拡大した。

 またアフターDCの期間中以外にも、広域的な観光客の流れを生み出す周遊企画として、新たに「ふくしま酒蔵巡りスタンプラリー」を展開。全国新酒鑑評会の金賞受賞数が3年連続日本一となった県産日本酒の強みを生かして、県内の酒蔵を新たに観光素材として売り込む考えだ。

民友セレクション