東日本大震災6年2カ月特集 【 震災・原発関連東日本大震災特集

東日本大震災6年2カ月特集

 福島県内公立学校の給食に福島県産食材を取り入れる動きが活発化している。東京電力福島第1原発事故後、放射性物質への不安から福島県産食材の使用割合は急落したものの次第に回復、2016(平成28)年度は震災前の水準に迫った。福島県は安全確保と保護者の理解が進んだとみており、今後も地元産の使用を推進、地産地消と食育に役立てたい考えだ。

学校給食に福島県産食材...再び 検査を徹底し保護者の不安払拭

地元の食材を使用した給食をおいしそうに食べる児童=新地小

 県内公立学校の給食に県産食材を取り入れる動きが活発化している。東京電力福島第1原発事故後、放射性物・・・[続きを読む]

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

渡部恒三氏「二大政党は応援」 恒三節健在!野党再編冷静分析