「作業環境」大きく改善 除染や高線量がれきの撤去など進む

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発の敷地内の作業環境は、除染や高線量がれきの撤去などが進み、事故当初より大きく改善された。

 事故当初は全敷地で全面マスクが必要だったが、全面マスクが必要ないエリアは2013(平成25)年5月に30%、14年5月に65%、16年3月に90%と順次拡大。今年3月、1~4号機のタービン建屋より海側のエリアなども空気中の放射性物質濃度がマスクの着用基準を下回り、全面マスクを必要としないエリアは95%に拡大した。ただ1~4号機の原子炉建屋などは依然、放射線量が高く厳重な装備が必要だ。

 高線量の原子炉建屋内では今後、最難関となる原子炉格納容器内からの溶融核燃料(デブリ)の取り出しが控える。作業員の被曝(ひばく)量低減に向け、さらなる除染など安全対策が急務となっている。