「林業産出額」原発事故前の7割 キノコ原木産地『復活』へ努力

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 木材や栽培キノコなどの本県の林業産出額は原発事故前の2010(平成22)年が約125億円だったのに対し、15年は73%の約92億円。このうち、栽培キノコ類の産出額は10年の約49億円に対し、15年は約29億円と59%にとどまる。

 一部地域の栽培キノコに国の出荷停止指示が出され生産量が回復しないことや、原発事故の風評などが要因とみられる。

 また、本県はキノコ栽培に使うキノコ原木の全国有数の産地だった。しかし、原発事故の影響で生産量が減少し、キノコ原木の価格が高騰。県は、県内の森林組合などと協力し、生産者がキノコ原木などの生産資材を導入する場合の経費などを支援している。