中間貯蔵施設

【現地ルポ】胸に刻む...「苦渋の決断」 失われていく田園風景

昨年12月に汚染土壌の埋め立てが始まった双葉1工区の土壌貯蔵施設=2月16日、双葉町

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土壌などを最長30年間管理する中間貯蔵施設(大熊町、双・・・[続きを読む]

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進