東日本大震災7年5カ月特集 【 震災・原発関連東日本大震災特集

東日本大震災7年5カ月特集

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故から7年5カ月が経過する中、福島県産農産物の輸出量は震災前の水準を超えた。深刻化した子どもの体力や運動機能は改善傾向にあり、工場の新増設件数は「補助金効果」などで順調に推移している。一方で、観光客数や教育旅行の宿泊者数、避難指示が出るなどした市町村の医療機関の再開率は震災前に届かず、関係者の模索と努力が続いている。

震災前の水準超へ努力と模索続く 福島県・震災前後の比較まとめ

県産モモの出発式でテープカットする関係者=2018年8月1日

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故から7年5カ月が経過する中、県産農産物の輸出量は震災前の水準・・・[続きを読む]

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進