世界最大級!浪江に「水素製造」拠点 東京五輪で使用見据える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島水素エネルギー研究フィールドの完成イメージ

 本県で特に期待されるのが再生可能エネを利用した水素の製造。浪江町では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝、東北電力、岩谷産業が世界最大級の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」を建設中だ。

 東京五輪・パラリンピックでの県産水素の使用を見据え、2020年7月までの水素の輸送開始を目指している。10月までに設備の完成を目指している。

 エネ需要の低減重要

 県が目標に掲げるエネルギー需要に対する再生可能エネの占める割合100%の実現には、発電設備量の増大の一方で、効率化などによるエネルギー需要の低減が重要となる。経済産業省や県は、省エネと再生可能エネを組み合わせ実質的なエネルギー消費をゼロにする「ゼロエネルギー住宅(ZEH)」や「ゼロエネルギービル(ZEB)」などの普及を進めることでエネルギー需要の抑制を狙う。