来場1万5000人達成、「特撮のDNA」 郡山の佐藤さん家族に記念品

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
浅尾社長(左)から1万5000人目の記念品を受ける佐藤さん家族

 三春町の福島さくら遊学舎で開催中の展覧会「特撮のDNA」の来場者が22日、1万5千人に達した。

 記念の1万5千人目となったのは郡山市の会社員佐藤明さん(46)と妻洋子さん(45)、長男壮真ちゃん(4)。佐藤さん家族には主催者の福島民友新聞社と福島ガイナックスから記念品が贈られた。

 怪獣好きという壮真ちゃんの希望で来場した。福島ガイナックスの浅尾芳宣社長が記念品のゴジラのフィギュアや「特撮のDNA」の図録を手渡した。

 洋子さんは「まさか1万5千人目になるとは思わなかった。びっくりした」と話し、明さんと壮真ちゃんは大きなゴジラの展示を見て「迫力があってかっこいい」と楽しんでいる様子だった。

 「特撮のDNA」は10月2日まで開かれている。

民友セレクション