アパート隣室の男逮捕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京都西東京市のアパートで8月、住人で1人暮らしの無職多田和代さん(79)が首から血を流して死亡していた事件で、警視庁捜査1課は17日、殺人の疑いで、隣室に住むアルバイト平岡大容疑者(30)=同市田無町5の7の28=を逮捕した。

 捜査1課によると「首を包丁で切って殺したことに間違いない。1人でやった。直前に多田さんとトラブルがあった」と供述。捜査1課は詳しい動機を調べている。

 平岡容疑者は事件が発覚した8月2日の夜、発見者を装い田無署を訪れていた。今月16日夜になって捜査1課の捜査員に「話がある」と連絡。17日午前に事情を聴いたところ殺害容疑を認めた。

民友セレクション