テニス、日本は5戦全勝で終える デ杯WG入れ替え戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ウクライナに全勝でデ杯ワールドグループ残留を決め、記念撮影に応じる(左から)西岡良仁、ダニエル太郎、錦織圭、杉田祐一の日本チーム=大阪市靱TC

 男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ(WG)入れ替え戦、日本―ウクライナ最終日は18日、大阪市靱TCでシングルス2試合が行われ、前日にWG残留を決めた日本はダニエル太郎(エイブル)と西岡良仁(ヨネックス)が勝ち、5戦全勝で終えた。錦織圭(日清食品)は17日に杉田祐一(三菱電機)と組んだダブルスで勝利した。

 世界ランキング88位のダニエルは同321位のアルテム・スミルノフに3―6、7―5、6―1で逆転勝ち。世界96位の西岡は同657位のダニロ・カレニチェンコを6―2、6―2で下した。

民友セレクション