難民受け入れ公平分担

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 19日、ニューヨークの国連本部で開幕した移民・難民対策を討議する国連サミット(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】第2次大戦後最多に膨らんだ移民・難民対策を討議する国連サミットが19日(日本時間同日)、ニューヨークの国連本部で開幕した。加盟国の首脳らは、難民の受け入れや支援で各国が負担や責任をより公平に分担するとした「ニューヨーク宣言」を採択した。国連総会主催の移民・難民対策に関するサミットは初めて。

 首脳級は約80人が参加予定。難民危機打開に向けた各国の「政治的意思」(国連高官)を示す狙いがあるが、宣言は具体的な受け入れ人数には触れておらず、今後に課題を残した。宣言に法的拘束力はない。

民友セレクション