2千年前の人骨、地中海で発見 DNA取り出しに期待

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ギリシャ沖の2千年以上前の沈没船近くで人骨を発掘するダイバー(ウッズホール海洋研究所提供・共同)

 【ワシントン共同】ギリシャ沖の地中海で、2千年以上前に沈んだとみられる船の近くから保存状態の良い人骨を見つけたと、米ウッズホール海洋研究所が19日発表した。

 古い人骨が化石化していない状態で見つかるのは珍しい。過去には16、17世紀の沈没船で発見された例があるという。頭蓋骨から遺伝情報を担うDNAが抽出できる可能性もあり、現代人と比較すれば新発見につながるかもしれない。

 人骨は男性で、丈夫なことから若者のものとみられる。海中に残された人骨は通常、風化したり魚に食べられたりして保存されることは少ないが、砂などの堆積物に覆われて守られたらしい。

民友セレクション