東大生の男に有罪判決、東京地裁 集団強制わいせつ事件

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サークル仲間と集団で大学生の女性を全裸にし、体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた東大生河本泰知被告(22)に、東京地裁は20日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 島田一裁判官は「女性に半ば強制的に酒を飲ませ、抵抗できなくなった頃を見計らって犯行に及ぶなど卑劣だが、本人の自覚と周囲の指導監督があれば更生の可能性もある」と述べた。

 公判で被告は「大学入学後、頭が悪いと女性をばかにするようになり、いやらしい目で見るようになった。今は恥ずかしいと思う」と話していた。

民友セレクション