免税店運営会社が所得隠し 「爆買い」で売り上げ急伸

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 中国人旅行客が多額の買い物をする「爆買い」で売り上げを急伸させた免税店運営会社「ALEXANDER&SUN」(東京都新宿区)が東京国税局から2014年12月期までの3年間で約1億円の所得隠しを指摘されていたことが20日、分かった。法人税の追徴税額は重加算税を含めて約4千万円とみられる。

 同社のホームページによると、同社は北海道や東京都、福岡、佐賀、熊本、大分、沖縄の各県に店舗を展開。信用調査会社によると、同社の売り上げは13年12月期の約50億円から15年12月期には約480億円に伸びた。

民友セレクション