殺害事件当日、マツダ社員が出金 ATMから百数十万円

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 広島市のマツダ社員寮で、同社社員の菅野恭平さん(19)が殺害された事件で、菅野さんが事件当日の14日に現金自動預払機(ATM)などから百数十万円を引き出していたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、菅野さんの携帯電話がなくなっており、現金を引き出した経緯や、何らかのトラブルに巻き込まれていなかったかなどを調べている。現場には、現金が入った菅野さんの手提げバッグが残されており、なくなっている分がないかなど関連を捜査する。

民友セレクション