柔道大野選手に奈良県民栄誉賞 パラ正木選手も表彰

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 奈良県民栄誉賞を授与されたリオ五輪柔道男子の大野将平選手(左から2人目)と、県スポーツ特別功労賞のパラリンピック柔道男子の正木健人選手(同3人目)=20日午後、奈良県庁

 奈良県は20日、リオデジャネイロ五輪の柔道男子73キロ級の金メダリストで、同県にある天理大出身の大野将平選手(24)に県民栄誉賞を授与した。パラリンピックの柔道男子100キロ超級で銅メダルを獲得した天理大出身の正木健人選手(29)にも、県スポーツ特別功労賞を贈った。

 大野選手は表彰式で「身が引き締まる思い。(五輪の柔道男子60キロ級で3連覇をした)大学の先輩の野村忠宏さんに近づけるよう日々精進したい」とあいさつ。正木選手は「奈良県の障害者スポーツに貢献できるように、これからも頑張っていきたい」と話した。

民友セレクション