五輪空手、沖縄で開催を 翁長知事が丸川氏に要望

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 丸川五輪相(中央左)に要望書を手渡す沖縄県の翁長雄志知事=20日午後、東京都千代田区

 沖縄県の翁長雄志知事は20日、丸川珠代五輪相と東京都内で会い、2020年東京五輪の追加種目に採用された空手について、競技発祥の地である同県で一部開催するよう求めた要望書を手渡した。丸川氏は「決めるのは大会組織委員会だが、私どもからもよく話をさせてもらいたい」と応じた。

 要望書では、沖縄県を(日本の)聖火リレーの出発地とし、琉球舞踊など沖縄の伝統芸能を五輪開会式のプログラムに加えることも提案した。

 これに先立ち、翁長氏は全日本空手道連盟の笹川尭会長にも会い、協力を要請した。

民友セレクション