高齢者はひどい運転手と誤訳表示 京都府警免許センター

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 京都府警は20日、京都駅前運転免許更新センター(京都市下京区)の案内板の液晶表示で、高齢運転者の英訳を「ひどい運転手」と誤って表示していたと明らかにした。センターは1日にオープンしたばかりで、確認不足が原因として、表示を取り消した。

 府警によると、案内板はセンター入り口と施設内に設置。免許更新の受付時間を説明する表示で、高齢運転者の英訳に「ひどい運転手」を意味する「Terrible driver」が使われていた。

 メーカーの納入時から誤った表示がされていたとみられるが、気付かないまま運用していた。市民の指摘を受けた京都市役所が府警に連絡し、発覚した。

民友セレクション