豊洲地下から基準超えるシアン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 豊洲市場(東京都江東区)の盛り土問題で、都議会公明党は20日、水産卸売場棟の地下空間から採取した水を独自に調査した結果、環境基準を上回るシアン化合物を検出したと発表した。

 シアンの環境基準は「不検出」だが、1リットル当たり0・1ミリグラムが出た。公明党は「自分たちで水を採取しており専門家による正式な調査ではないが、都に詳しい調査を求めたい」としている。

 都が地下空間で採取した水の検査では、環境基準を上回る有害物質は検出されなかった。

 公明党は14日に水産卸売場棟、水産仲卸売場棟、青果棟の水を採取し、民間企業に検査を依頼していた。

民友セレクション