阪和道で横転、1人死亡7人けが ガードレール衝突

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 20日午後5時半ごろ、和歌山市滝畑の阪和自動車道上り線で、大阪府東大阪市、建設作業員池本勇樹さん(30)のワゴン車がガードレールに衝突、横転した。後部座席にいた同、建設作業員新城圭司郎さん(52)が車外に投げ出され、搬送先の病院で死亡した。池本さんは打撲などの軽傷、他に24~64歳の男性6人も重軽傷を負った。

 和歌山県警高速隊によると、8人は仕事の同僚で、現場作業を終えて会社に帰る途中だった。

 現場は片側2車線の緩やかな下り坂の左カーブ。ワゴン車は追い越し車線を走行中に右側にはみ出した。詳しい事故原因を調べている。

民友セレクション