NY株小幅反発、9ドル高 金融政策の様子見続く

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反発し、前日比9・79ドル高の1万8129・96ドルで取引を終えた。日米それぞれの金融政策の内容を見極めようと、前日に続き様子見ムードが強かった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も6・32ポイント高の5241・35と反発した。

 日銀が21日の金融政策決定会合で追加緩和を決め、引き続き世界の株式相場を下支えするとの期待が根強くある。一方、現状維持を見込む声もあり米投資家の予想は割れている。

 21日には米連邦準備制度理事会(FRB)も金融政策を決める。

民友セレクション