パラ日本選手団本隊が帰国の途 藤本ら20年の躍進期す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 帰国便の搭乗前、空港で談笑する日本選手団の藤本主将(右から2人目)ら=20日、リオデジャネイロ

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ・パラリンピック日本選手団の本隊が20日、現地の空港から帰国の途につき、主将を務めた車いすバスケットボール男子の藤本怜央選手(SUS)は「4年後にトップアスリートとして(大会に)帰ってきたい」と、自国開催の2020年東京大会での躍進を期した。

 日本は史上初めて金メダルなしに終わったものの、銀10、銅14の計24個のメダルを獲得し、前回ロンドン大会の合計16個を上回った。選手団の大槻洋也団長は「もっと成績を出せればよかったが、パラスポーツの魅力を伝えられた」と選手の頑張りをたたえた。

民友セレクション