中国の鉄鋼過剰生産、解消を要請 訪中団、発展改革委と会合

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中国国家発展改革委との会合であいさつする日中経済協会の宗岡正二団長(左)。右は経団連の榊原定征会長=21日、北京(共同)

 【北京共同】北京入りした日中経済協会、経団連、日本商工会議所のトップらでつくる訪中団は21日、中国国家発展改革委員会との会合を北京市内のホテルで開いた。日本側からは、中国の鉄鋼の過剰生産問題に関し早期解消を求める声が相次いだ。

 日中経協の宗岡正二団長(新日鉄住金会長)は冒頭あいさつで中国からの鋼材の安値輸出により「世界の鉄鋼業が深刻な打撃を受けている」との認識を示し「過剰生産などの改革を着実に進めていただきたい」と訴えた。経団連の榊原定征会長も「痛みの伴う改革の着実な実行を期待したい」と構造改革の推進に期待を示した。

民友セレクション