皇太子夫妻、高齢者と交流 敬老の日にちなみ施設訪問

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 特別養護老人ホーム第三南陽園で、作業療法の様子を見学される皇太子ご夫妻=21日午後、東京都杉並区(代表撮影)

 皇太子ご夫妻は21日、「敬老の日」にちなみ、東京都杉並区の特別養護老人ホーム「第三南陽園」を訪れ、絵を描いたり、楽器を演奏したりする高齢者と交流された。

 ご夫妻は、施設の利用者らが花や野菜を描いて絵手紙を作ったり、ハンドベルを鳴らして唱歌を演奏したりする様子を見学。皇太子さまは一人一人に「こちらの生活はいかがですか」などと尋ね、雅子さまも「楽しそうですね」「お元気で」と笑顔で声を掛けていた。

 天皇、皇后両陛下が続けてきた「こどもの日」と「敬老の日」にちなんだ施設の訪問は、負担軽減を目的に昨年から皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻へ引き継ぎ、交互に取り組んでいる。

民友セレクション