パリ協定、日本なしでも発効可能 米高官発言

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】ディーズ米大統領上級顧問は21日の記者会見で、米国などが年内発効を目指す地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」を日本が批准していないことについて「日本なしでも発効要件を満たすことは可能だ」と述べた。

 21日時点でパリ協定の批准国は計60カ国で、発効要件の一つである55カ国を達成した。さらに各国の温室効果ガスの合計が総排出量の55%以上を占める要件も満たす必要があるが、排出量は現時点で約48%。3・8%を排出する日本などの動向が注目されている。

民友セレクション