NY爆発、競売サイトで爆弾材料 ラハミ容疑者、6~8月に購入

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークや隣接するニュージャージー州で連続して起きた爆発事件で、訴追されたアハマド・カーン・ラハミ容疑者(28)が今年6月20日ごろから8月10日ごろにかけて、爆弾の材料となる薬品などをインターネットのオークションサイトで購入していたことが、21日までに分かった。

 連邦捜査局(FBI)などは、イスラム過激思想の影響を受けたラハミ容疑者が、遅くともこの時期までに事件の計画を立てて、爆弾製造に着手したとみて調べている。

 司法当局が裁判所に提出した訴追資料によると、ラハミ容疑者は手製爆弾の材料に使われる薬品などをネットで購入していた。

民友セレクション