難民を「毒入り菓子」に例える トランプ氏息子に強い批判

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ドナルド・トランプ・ジュニア氏(AP=共同)

 【ワシントン共同】米大統領選の共和党候補トランプ氏の息子、ドナルド・トランプ・ジュニア氏が22日までに、米国に入国するシリア難民の一部を「毒入りキャンディー」に例えるメッセージをツイッターに投稿、ネット上で強い批判を浴びている。

 トランプ候補は、シリアなどから入国するイスラム教徒の難民・移民にはテロリストが交じっている可能性があるとしてイスラム教徒の厳格な入国審査を訴えている。

 投稿は米東部時間19日。ボウルに入ったリグレー社製キャンディーの写真と共に「この中の3個は食べたら死ぬとして一握り食べますか。これが私たちが抱えるシリア難民問題です」とツイート。

民友セレクション