政府日銀、円高注視し連携対応 臨時幹部会合を開催

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 財務省、金融庁、日銀の情報交換会合に向かう財務省の浅川雅嗣財務官=22日午後、東京都千代田区

 財務省、金融庁、日銀は22日、金融市場の動向に関し幹部が情報交換する臨時会合を開いた。日米の金融政策決定を受け一時1ドル=100円台前半まで上昇した円相場を注視し、投機的な動きが続けば連携して対応することを確認した。金融緩和に依存せず、成長力を高める構造改革に政府が取り組む重要性でも意見が一致した。

 会合開催は8月18日以来約1カ月ぶりで、財務省の浅川雅嗣財務官は「為替市場で若干神経質な動きが見られ憂慮している」と記者団に説明。「投機的な動きが今後とも継続するなら必要な対応を取らざるを得ない」と、円売り市場介入も辞さない姿勢をにおわせて市場をけん制した。

民友セレクション