殺害現場の家は本人名義で契約

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 7月に北海道出身の出町優人さん=当時(32)=を殺害し、切断した遺体を浜名湖に捨てた疑いで逮捕された無職川崎竜弥容疑者(33)が、殺害現場となった静岡県磐田市のアパートを本人名義で借りていたことが23日、県警細江署捜査本部への取材で分かった。

 捜査本部は、川崎容疑者が浜松市に実家と所有するマンションがあるにもかかわらず、わざわざ隣接する磐田市にアパートを借りた目的を調べている。殺害の物証を得るため、このアパートの他、実家やマンションも家宅捜索した。

 捜査本部は防犯カメラの映像から、出町さんが殺害された当日に、部屋を訪れていたとみている。

民友セレクション