フィデル氏「核ない世界つくる」 キューバ前議長、首相に

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ハバナ共同】安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日未明)、1959年のキューバ革命の指導者、フィデル・カストロ前国家評議会議長(90)とキューバの首都ハバナで会談した。フィデル氏は核問題に関し「キューバでは広島と長崎の悲劇が語られている。両国は核のない世界をつくるという点で一致している」と述べた。

 首相は「フィデル氏が広島訪問時に、人類は二度と繰り返してはいけないと記帳した。国際社会への強いメッセージとなった」と語った。フィデル氏は国家評議会議長のラウル氏の兄で、2003年に広島を訪問している。

民友セレクション