レガシィ11万台リコール ワイパーモーター出火恐れ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 富士重工業がリコールを届けたスバル「レガシィ」

 富士重工業は23日、フロントワイパーのモーター部品の製造不良で出火の恐れがあるとして乗用車のスバル「レガシィ」10万7388台(2009年4月~13年7月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

 国交省によると、フロントガラスに雪が積もった状態でスイッチを切るとワイパーが元の位置に戻らないことがあり、根元にあるモーターが異常発熱するという。

 12年12月~今年1月、北海道と福島、石川、鳥取、広島の各県でモーターから出火する事故が計5件起きたが、けが人はない。

民友セレクション