日ハム武田勝が引退を表明 「ここまでできるとは」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 現役引退を表明し、花束を受け取る日本ハムの武田勝投手=札幌ドーム

 日本ハムの武田勝投手(38)が23日、札幌ドームで記者会見を行い、現役引退を表明した。「まさか自分がここまでできるとは思わなかった」と満足感をにじませた。

 東京・関東第一高、立正大を経てシダックスから2006年に大学・社会人ドラフト4巡目で日本ハムへ入団。09年から4年連続で2桁勝利を挙げ、13年には開幕投手を務めた。今季は1軍登板がなく「誰にも負けたくないという気持ちから若手を応援する自分に切り替わっていた。まだまだやりたいという気持ちがなくなった」と決断理由を説明。シダックス時代の恩師の野村克也氏にも引退を報告したという。

民友セレクション