政府「地元無視」と福井知事 もんじゅ巡り経産相と会談

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 世耕経産相と会談後、取材に応じる福井県の西川一誠知事=23日午後、経産省

 政府が高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、廃炉を前提に抜本的に見直す方針を決めたことを巡り、福井県の西川一誠知事は23日、経済産業省を訪れ、世耕弘成経産相と会談した。西川氏は「地元を無視するような今回の対応は、原子力政策がうまくいかない原因になる」と述べ、改めて政府を批判した。

 西川氏は21日、もんじゅを所管する松野博一文部科学相と福井県庁で面会。政府方針の説明を受け、場当たり的な対応と強い不快感を示し「もんじゅなしで核燃料サイクルが可能なのか」と指摘していた。

民友セレクション