点滴に異物混入、患者が中毒死

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 入院患者の男性が死亡した横浜市神奈川区の大口病院=23日夜

 神奈川県警は23日、横浜市神奈川区の大口病院で入院患者が20日に死亡し、司法解剖の結果、死因は点滴に異物が混入したことによる中毒死だったと明らかにした。殺人事件と断定し、神奈川署に特別捜査本部を設置した。

 特捜本部によると、患者は横浜市港北区、無職八巻信雄さん(88)。栄養補給のための点滴の袋に異常が見つかり、体内から異物が検出された。点滴から入ったとみられる。

 担当の30代女性看護師が19日午後10時ごろ、八巻さんの点滴を交換。20日午前4時ごろ、心拍低下のアラームが鳴り、女性看護師が駆け付けたが、同4時55分ごろに死亡した。同10時45分ごろ、病院から「点滴に異物が混入された可能性がある」と署に通報があった。

民友セレクション