柔道松本選手の情報も流出か

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ロンドン共同】世界反ドーピング機関(WADA)は23日、ロシアのハッカー集団がリオデジャネイロ五輪に関わる選手の医学的情報などをインターネット上に流出させた問題で、新たに米国、カナダ、英国など13カ国41選手の情報が漏れたと発表した。サイトで公表された情報には、リオ五輪柔道女子57キロ級銅メダルの松本薫選手の名前が含まれている。

 けがや病気治療のため選手が使う薬を事前申請する「TUE(治療目的の特例措置)」に関する情報で、松本選手は07年10月から約1カ月間、ステロイドの一種で炎症を抑える作用がある薬として治療に使われる禁止薬物の処置が許可されている。

民友セレクション