フィヨン氏、仏予備選圧勝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 27日、パリで演説するフランスのフィヨン元首相(ロイター=共同)

 【パリ共同】来年4~5月のフランス大統領選(2回投票制)へ向けた中道・右派統一候補を決める予備選の決選投票は27日、即日開票され、フランソワ・フィヨン元首相(62)がアラン・ジュペ元首相(71)に圧勝した。

 左派、社会党の現職フランソワ・オランド大統領(62)が記録的な低支持率に沈んでおり、中道・右派統一候補に選ばれたフィヨン氏が本選での最有力候補となる。「反移民」を掲げる極右、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(48)が勢いづいているが、本選でフィヨン氏に勝利する公算は小さいとみられている。

 フィヨン氏は27日「大方の予想を覆し、勝利を収めた」と勝利宣言。