少年が傷害致死罪を否認 バイクで踏切に押した事件

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 兵庫県尼崎市で昨年3月、無免許でオートバイを運転中、並走していた当時高校生の少年の自転車を足で押して踏切に入らせ、電車と衝突死させたとして、傷害致死と道交法違反(無免許)の罪に問われた無職少年(17)は28日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)の裁判員裁判の初公判で「傷つけようと思ってやっていない」と傷害致死罪を否認、道交法違反は認めた。

 起訴状によると、昨年3月28日午後5時ごろ、JR福知山線猪名寺―塚口間の踏切近くでオートバイを運転しながら、足で同市の高校1年の自転車を時速約49キロで押し続け、踏切内で快速電車に自転車ごと衝突死させたとしている。