首相、TPP承認へ決意強調 「ぶれない」、参院本会議

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 参院本会議で答弁する安倍首相=28日午前

 安倍晋三首相は28日午前の参院本会議で、トランプ次期米大統領が環太平洋連携協定(TPP)の脱退を表明したことを巡り「他国に影響されたり、他国に追従したりするのではなく、日本として理念を掲げ、貫く信念がなくてはならない。今、ぶれてはならない」と述べ、今国会で承認手続きを進める意向を重ねて示した。

 同時に「国会承認をいただき、日本の固い決意を世界に発信するとともに、TPPの意義を米国に粘り強く訴え続けていきたい」と強調。「TPPのルールは、今後の通商交渉におけるモデルとなる」とも指摘した。