東照宮の「眠り猫」修復終え公開 60年ぶりのお色直し

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 お色直しを終え、公開された日光東照宮の「眠り猫」=28日午後、栃木県日光市

 栃木県日光市の日光東照宮で28日、国宝の木彫刻「眠り猫」が約60年ぶりのお色直しを終え、徳川家康が眠る奥宮へ向かう回廊に色鮮やかな姿で戻ってきた。修復前は目を閉じていたが、史料に基づき目を開けた姿にして、威厳を示したという。

 日光社寺文化財保存会によると、色あせや傷が目立つようになったため、6月から塗り直しなどの修復作業をしていた。

 眠り猫の役割には諸説あるが、作業を担当した保存会の沢田了司さんによると、家康の墓を守っているとも言われる。沢田さんは「ただの猫ではないことを感じてもらえたら」と話す。

 眠り猫は江戸時代初期の作品で、作者は分かっていない。