住友化学と伊藤忠が提携 飼料添加物の販売で

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 住友化学は29日、飼料添加物「メチオニン」の販売で伊藤忠商事と提携すると明らかにした。愛媛工場(愛媛県新居浜市)で増強予定の年間生産能力約10万トンの一部を伊藤忠に販売する。伊藤忠は代金を一括して前払いする。金額は非公表。

 伊藤忠は飼料添加物のアジア最大の需要家とされるタイ財閥大手、チャロン・ポカパン(CP)グループと資本業務提携しており、住友化学はCPグループに販路を確保できる。伊藤忠はメチオニンの安定調達が可能になる。東京都内で開いた事業説明会で住友化学の十倉雅和社長が言及した。近く正式発表する。