博多陥没、第三者委が初会合 国交省、原因究明へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 初会合後に開かれた第三者委員会の記者会見=29日午後、福岡市

 福岡市のJR博多駅前の道路大規模陥没事故で、原因を究明し再発防止策を検討する国土交通省の第三者委員会が29日、市内で初会合を開いた。年内にも地質のボーリング調査を実施するほか、現場で行われた市営地下鉄工事の状況を検証。年度内を目標に中間報告をとりまとめる。

 第三者委は、高島宗一郎市長の要請を受け、国交省がトンネル技術の専門知識を持つ同省所管の土木研究所(茨城県つくば市)に設置。土木工学や地質の専門家ら12人で構成されている。

 委員らは会合前に現場を視察。会合では福岡市と工事を請け負った共同企業体(JV)の担当者が設計や施工の経緯を説明した。