トランプタワー警備で客足鈍る 米ティファニー本店

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米宝飾品大手ティファニーの本店周辺。右がトランプタワー=24日(共同)

 【ニューヨーク共同】「売り上げへの影響を注視している」。米宝飾品大手ティファニーの幹部は29日、トランプ次期米大統領の住居があるニューヨーク中心部の「トランプタワー」周辺の警備強化により、すぐ隣にあるティファニー本店の客足に影響が出ていることを明らかにした。

 米国ではクリスマスにかけて個人消費が盛り上がるため、ティファニーにとっても稼ぎ時となる。中でもトランプタワーの隣にある本店は、世界全体の売り上げの10%近くを占める重要店舗だ。

 しかし現在、通行人がトランプタワーの近隣店舗に立ち寄る際は警察官に行き先を尋ねられ、手荷物を検査されることもある。