トランプ公約実現へ布陣 職業政治家、相次ぎ指名

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】トランプ次期米大統領は29日から30日にかけて、財務、厚生、運輸、商務の四つの長官ポストの人選を発表した。厚生長官に起用されたトム・プライス下院予算委員長(62)はオバマ大統領が推進した医療保険制度改革(オバマケア)の批判で特に知られる。オバマケア廃止を含む新政権の公約実現に尽力しそうな人物で布陣を固めつつある。

 トランプ氏は選挙でエスタブリッシュメント(既存の支配層)が政治を停滞させていると批判したがこれまでに起用を発表した閣僚や重要高官の半数はワシントン政界の出身。公職経験がないトランプ氏は結局、職業政治家を頼りにしているようだ。