NY原油、急伸 減産期待で一時49ドル台

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク原油先物相場は急伸し、指標の米国産標準油種(WTI)1月渡しが一時、1バレル=49・12ドルをつけた。午前9時15分現在は前日比3・67ドル高の48・90ドル。

 石油輸出国機構(OPEC)の定時総会で約8年ぶりに原油減産が最終決定されるとの見方が強まり、買いが膨らんだ。