NY原油、1カ月ぶり高値 OPECの減産好感

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】11月30日のニューヨーク原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)による原油減産の最終合意を好感して大幅反発し、指標の米国産標準油種(WTI)1月渡しが前日比4・21ドル高の1バレル=49・44ドルと、10月下旬以来約1カ月ぶりの高値で取引を終えた。上げ幅は2012年8月3日以来の大きさだった。

 OPECが定時総会で日量120万バレルの減産で最終合意したことから需給改善期待が広がり、買い注文が膨らんだ。一時は49・90ドルと50ドルの大台に迫る場面もあった。